自分の子供のように可愛い愛猫を肝臓病にさせない方法を伝授

犬と猫

定期的な検査と観察が必要

猫

BreederONE

とっても子犬が欲しいならコチラをチェック。ブリーダーが一生懸命育ててくれているので安心して選べます。

便利に検査ができます

家族の一員である猫や犬などの健康を全体的に診察して検査をすることが可能な、ペットドックというサービスがあります。人間に置き換えて言えば人間ドックと同じようなもので、血液検査や検尿・検便などを行なって早期に病気を発見することができます。日々の生活習慣や食生活から起こりうる肝臓病やホルモンの病気、その他にも多くの病気の有無が分かる大変便利なサービスです。例えば血液検査などで猫に肝臓病などの病気が疑われた場合には、レントゲン検査や超音波検査などより詳しい検査を行うこともできます。ペットドックの費用は病院によって様々です。約1〜2週間で検査結果が出て飼い主に連絡をするというシステムが多く、緊急の場合には早急に連絡を行います。

病気のサインを見逃さない

猫の肝臓病を調べる目安には、耳の後ろが黄色くなったり目の白い所が黄色くなるなどの黄疸が一つのサインになります。普段からサインを理解しておくことで、症状を悪化させずに早めの治療が可能になります。一般的に食生活が原因になる場合が多く、日々の食事内容に気をつける必要があります。猫の肝臓病は血液検査で診断されます。人間と同じようにGOTやGPTなどの値が上昇します。症状が進むと食欲が低下したり、下痢や吐き気がでたりといった胃腸障害も出てきます。猫の過ごし方や状態を日々観察して、異常があればすぐに病院で受診する必要があります。また定期的にペットドックを受けていると飼い主が気づかない病気でも早期に発見できるので大変便利です。

Copyright © 2017 自分の子供のように可愛い愛猫を肝臓病にさせない方法を伝授 All Rights Reserved.